経倫悔-keirinbu-

社会人5年目の僕は22歳の僕に教えてあげたい。

新卒1年目 マルチ商法勧誘体験

 社会人になって2か月目くらいの頃の話。
 
 昔から仲の良い女友達に、マルチ商法の勧誘をされたことを書いてみました。笑 特定されて怖ーい思いをしたくないので、凄いボカして書きます。
 
 マルチ商法に勧誘され怖い思いしている人、勧誘されているかもしれないと感じている人に読んでもらいたいです。洗脳されたり、お金を巻き上げられないため、ネズミ講,マルチ商法勧誘の一例として読んで頂ければ幸いです。
 
 ※体験談から記載致しますが、登場する人物,団体は全て架空です。
 ※今回の記事は第三者や企業を否定/攻撃するものではございません。
 

 

 

久しぶりに会ったお姉さんポジションの友達に仕事に愚痴を言ってみた 

 入社3か月目くらいの頃。私は肉体的にも精神的にも結構ヤられていました。辛い。誰かに助けてほしい。弱っていました。 

www.keirinbu.com 

 そんな中、久しぶりに友人Aちゃんから飲もうと連絡が来ました。(以後Aちゃんとする)
1年半ぶりくらいの連絡だったため、特段不審感もなく土日の都合のいい時間に飲む約束を取り付けた。

 
 都内のバーで待ち合わせ。近況報告をする中で、愚痴タイムに。私は、新入社員にありがちそうな悩みをつらつらと話していたと思う。
 
 
 一通り愚痴った後、
Aちゃん「本気でこの状況変えたいと思ってる?それなら教えたいことがあるんだけど。」と急に言われる。
 
 何だか、熱いお言葉を頂戴承る。お酒も入ってるせいかなと思っていたら。
「この本読んでみてよ。もし何か感じたら連絡して。」とある本を勧められた。
 
 え???と思いつつ、その後は特に世間話をするだけで終わり。Aちゃんは次の約束があるとのことで、その日は解散という運びになった。
 
 

そしたら本を読めと言われた『金持ち父さん、貧乏父さん』

 その日は早めの解散だったので、興味本位でAちゃんに勧められた本を探してみることに。
 
本の題名は
ロバートキヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」 

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

  パラパラと読んでみる。恥ずかしい話だが、目から鱗が落ちるような内容もあった。俗に言う自己啓発本でしょう。

 
 簡単に本の内容を説明すると、
『実業家や投資家は時間とともに物凄く豊かになっていくけど、労働者は搾取され続け何時までたっても豊かになれないよ〜というのが、この本の伝えたいこと。読者にビジネスや投資を始めて 投資家や実業家の側に来るように勧めている本です。
 
 あまりこの手の本を読んだことはなく、投資について考えたことのなかったですし、投資への入門本、考えの形成のための本としては、今でも有用だと思っています。
 
 単純な私は、狭まった思考に囚われるなということを言ってくれたのかなと、勘違い。この本がマルチ商法をする人のバイブルになっていることも知らずに・・・
 
 そして、Aちゃんに本の感想の連絡をしてしまった。そしたら、思ってもいなかった方向に。
 
 

私の師匠と会わないか

 こんなことを言われました。
 
 ・・・とは?笑
 
 Aちゃん「本気でこの状況変えたいなら、優秀な人の下に付く方がよくない?今度私と会いに行かない?」とのこと。
 
 は?何これ、よくわらない状態。
 
 うーん、でも友達の熱意が伝わる。悪意は全く感じない。これで断ったら悪いなと咄嗟に考え、行くと返答してしまう。
 
 株のことかな、会社経営のことかな、何かしら仕事をする上で役に立つことが聞けるんなら儲けもんだろうと思っていたんですよね〜
 
 
 私はアホでした〜^^笑
 
 

連れて行かれたのは超高層タワーマンションの最上階付近

 それから数日後、残業終えてからの集合時間は22時。都内の超高層タワーマンションに連れて行かれることに。
 
 テンション爆上がり。
 
 Aちゃん「30階まで上がるよ!」
 
 テンション爆上がり。
綺麗な部屋の1室まで連れて行かれました。
 
 ちょっと楽しい。
 
 そこでAちゃんの師匠なる人とご対面。
 Aちゃん「凄いオーラがある人だから、会ったらビックリするよ!」
 そう言われていたため緊張していましたが、普通の中年の人でした。
 
 時間がないらしく面会時間は10分間と言われる。この時時刻は夜の23:30位。何が忙しいんだこの人は。
 
 短い時間の間に、
『これから、どうやって生きていきたいのか。』
『会社で馬車馬のように働いて終わる人生でいいのか』
『本当に人生を変えたいなら一緒に頑張らないか』
といったことを聞かれました。
 
最後の質問が怪しすぎる。
 
具体的に何を一緒に頑張るのですかと聞くも、そこは濁す。
 
「やる気があるか聞いてるんだよ。」と突き通すだけ。
 
 こんな根性論ゴリ押しの人の元で頑張りたくない。。。。。
 
 それに、勉強料で30万円はかかるとか言ってきた。30万円は、師匠の元で勉強すれば1ヶ月で回収できるとのこと。
 
 Aちゃんは「私は来年で年収1000万円になることを目標としてるんだよね」と言ってきて、その不透明なビジネスを心底信頼しきっている様子。
 
 
 来年で1000万円だと!?失礼だがその自信はどこから来てるんだAちゃん!!!!目を覚ませAちゃん!!!
 
 とは言えなかった。怖い人とか出てきたら嫌だし。
 
 あー帰りたい。
 
 結局は30分くらい話して、その日は帰ることに。怖い人は出てきませんでした。
 
 が、すぐにAちゃんから連絡
 
Aちゃん「私の尊敬している凄い人とご飯行くんだけど、行かない?」と連絡が来た。
怖い〜><
とか思っていたにもかかわらず、「タダ飯だ。」と思ってもう一度会ってみることに。
 
「尊敬している人」というワードもマルチ商法の勧誘で良く使われる言葉らしい。
 
 
 

食事会にも行ってみた。

 メンバーはAちゃん、尊敬している人Bさん、師匠、そして私。
 
 Bさんはクッソ美人。会社を経営していて、週3日しか働いていないとのこと。羨ましいけど、本当か?笑
 
 Bさん「夢はないの?やりたいことは?」と質問攻め。
 Bさん「私も自分を変えたくて、師匠についていくことにしたの」と遠回りに勧誘攻撃。
 
 美人さんの投入はキラキラし世界にに憧れるような人には効果覿面かも。可愛いし成功してるし。できるなら私も輝きたいですもん。
 
 しかし、話す内容に具体的なことは一切なし。私たちと一緒に頑張れば楽しく生きていけるという内容の話。
 
 その中で、
師匠「本気でやる気があるなら、一緒にこの街で頑張らない?」
 
 なんと引っ越しをしろとの要求。
 
 タダ飯ありがとうございました〜^^笑
 
 

ネットで検索してみれば今回の騒動の正体がすぐわかったかも

友達に相談してみたら、それマルチ商法じゃね?と言われました。
マルチ商法?なんぞそれ? 
 
マルチ商法とは
 
 わー怖い^^笑
 
 他の体験者の場合も、マルチ商法勧誘者が友達や先輩のため、深く疑わないというケースが多いのか。私も友人だったので全く警戒しなかったです。
 

マルチ商法かもと思った時、見分け方。

 自分の経験と他の方の体験記事を拝見させていただいて簡単にまとめました。
 
・自己啓発本を勧められていないか。
・「師匠」「尊敬する人」に会わせたいと言われなかったか。
・呼んでもいない、成功体験を語る人に会わせられなかったか?
・個人情報(住所や職業)や夢など書かされなかった?
・参加料や授業料を求められなかったか
 
 会う回数を重ねるごとに、上から下に段階を踏むような感じです。私は参加料は取りられませんでしたが、個人情報は書いて渡しちゃいました。
 

なんで騙されかけたのか考えてみた。

 私の場合は、過去の行動を後悔し、将来に不安になっていて、メンタル的に辛かったからだったと考えています。
 
 私がマルチ商法に騙されかけた時は、社会人になったばかり。働くことに覚悟が足りなかった時期でした。就職活動で失敗した、もっと勉強しておけばよかったと過去を後悔しながら働く毎日。嫌だ嫌だと考え、こんな会社に一生いないといけない、幸せになれない。漠然と未来のことを不安に考えていました。毎日15時間くらい会社にいても、目の前にある仕事に全力を出せていませんでした。
 
 苦しい、辛いと感じている人をターゲットにして「楽して稼げるよ、キラキラした世界の一員になれるよ。」といった甘い言葉で誘う。
人を騙すことに近いですよね。
 
 
 会社を辞めて、転職が決まって、心身ともに元気な今勧誘されていたらどうなっていたでしょうか。
 

その後のAちゃん

 今でも、ビジネスで成功している人と話せる場を作ったから会おうよと、Aちゃんから連絡が来ます。理由をつけて拒否ってます。笑
 
 Aちゃんから何のビジネスをしているのか引き出そうとしても「何?怖いの?大丈夫だって〜」と濁されるだけ。具体的に何をしているのか結局教えてもらえなかったから、一体何してるかは不明。
一生懸命に他の人も誘っているのかな。ちゃんと年収1,000万円超えることはできたのかな。
 
 チャンスがあれば、突撃してみようかなとも考えてみます。笑
 

最後に。

 Aちゃんはマルチ商法だと気づいていているのか。というか本当にマルチ商法だったのだろうか。Aちゃんが、無理やり人を勧誘するようになっているのであれば、友人を失うことにも繋がります。彼女は、とても素直で優しい人です。だから友達にはいい話を教えてあげようと思ったのかもしれません。
 
 ですが、私はもうAちゃん関わりたくないです。
 
 マルチ商法は、自分も相手も傷つけて、どっちも不幸だな。Aちゃんが楽しくて、これからの大切な時間をマルチ商法に注ぎ込んでもいいと思っているなら、それも幸せなんでしょう。
 もしかしたら、本当に色々な人の幸せを考えていい情報を提供しようとしている人も世の中にはいるかもしれません。でも本当に親切な人ならば高額な参加料や授業料といったものを最初から要求してこないでしょう。
 
皆さんも怪しい話には気をつけでください。
 
以上!