経理ん部

23歳経理マンの雑記。

期待してたのと違う映画だった~マネーショート~

 めちゃくちゃ楽しみにしていた映画『マネーショート』ぶっちゃけガッカリ。

www.keirinbu.com

 なんでガッカリなのか

  • 知識がない人間が見たら意味不明でワケがわからない
  • 『一発逆転エンタテイメント』『コメディ映画の再興だ』と宣伝されていたが、スカッとした内容は全くなく、コメディではない。
  • 原作を読んでいないと、それぞれの登場人物のことが良く理解できなない。明らかに時間が足りない。

内容が超むずいよ

 まず、この映画を見ようと考えている人は、内容が超難しいことを覚悟したほうがいい。

 なんの予備知識もない人が、この映画を見ればリーマンショックの事が理解できると思っているならDVDが出るまで待ったほうがいい。

 

チラシや予告の情報を信じてはいけない。

  『一発逆転エンタテイメント』『コメディ映画の再興だ』と宣伝されていたが

 本当に日本の広告宣伝はクソだなと思う。

 もし宣伝担当者が、『登場人物が汚ったない言葉を発するから、コメディ映画だ!』と解釈したのだとしたら、本当にアホだと思う。

 劇中では、弱者を食い物にして汚い金を稼ぐ描写が多い。それってコメディなの?

 金融危機をうまく使い、若きトレーダーが巨万の富を掴む。しかし、それは裏を返せば多くの人の不幸から得た金。そのことに2人の若者を苦しむ。

 金融破綻によって家をなくして車で生活するようになる家族の描写つらすぎる。

 リーマンショックによって、苦しんだ人が大勢いたという事実も描いているにもかかわらず、『一発逆転エンタテイメント』『コメディ映画の再興だ』とか書いているライターさんは残念極まりない。

原作を読んでいないと、ポカーンとなるかも

 原作を読んでいないと、きちんとそれぞれの登場人物について知ることはできない。少しだけ登場人物の話が振られるが、なぜ彼らが金融破綻を見抜けるほどになった人物になったかが理解することは全くできない。

 原作を読んでいない人には、劇中で突如出てくる水泳のシーンや、主人公の1人が元医学生だった等の情報は余分な情報で混乱させるだけのものだったと思う。

まとめ

 知識が無いものは食われ者にされるとういい例を示した映画だった。馬鹿だと、有能な人の近くにいることも理解することが出来ないということも映画から示唆されているように感じた。

 自分の知識の無さを戒めたいと考えている人にとっては、何の予備知識もなく劇場に足を運部ことで、何か得るものがあるかもしれない。

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)