経倫悔-keirinbu-

社会人5年目の僕は22歳の僕に教えてあげたい。

新卒が半年で会社を辞めて、転職するのに使った4つの転職サイト

f:id:keiryocup:20160127225143j:plain

 本記事では、新卒入社した会社を半年で辞めた私が、実際に転職した時に使った転職エージェントサイトを紹介します。
失敗することは誰でもあります。でも失敗は次に活かすことができます。 

 

 

最初に。

転職って大変なものでした。色々と準備が面倒です。
「エージェントサイトに登録をすれば楽に転職活動ができる」ということはありません。転職が進めやすくなるということだけです
エージェントを利用する場合は、職務履歴書等は必ず事前に準備しておくべきです。事前に準備をしておくことで、エージェントもアドバイスがしやすくなり、転職が上手く進みます。 自分自身の準備は大事ということです。
 仮にエージェントに全て委ねて転職活動を行えば、逆に時間がかかる可能性もある。また、エージェントに全任せで転職すれば、悪いエージェントに当たった場合、全てコントロールされ訳のわからない会社に行くことになるかも。

エージェントを利用する前の事前準備は3つ。

転職エージェントを利用する前に、事前に3つのことを準備しよう。
  1. 次の職場に求める要件を定義する。
  2. それが実現できる求人を見つける。
  3. 内定を取るために、自分のことを
内定を取る確率を上げるために絶対に転職エージェントを利用してほしいが、転職するにあたって、主体なのは自分であることは忘れなければ絶対転職は上手くいくとおもいます。
 
忙しい人には、レジュメ自動作成してくれるサービスもあります。賢く使えれば使えれば非常に心強いかもしれません。

実際に使った4つの転職サイト 

  個人的に使用した4社です。どのサービスも一長一短があるので、使ってみて合わなければ辞めてより良いものを使って行って欲しいです。

DODA 満足度3 ★★★☆☆

1ヶ月間利用し、書類提出14社、書類通過1社。

良かった点
  • 有名な転職サイトであるため、評判はかなり高い。
  • 最初の電話面接の時間は10分。時間が限られている人にはオススメかも。
  • 自分で『経理 未経験可能』という求人を探して応募をしたところ、1件は書類が通った。
大手企業の求人に直接応募するならDODA
悪かった点
  • 関係ないメールが多い。メールにて、同じ求人を何度もおすすめされる。
  • キャリアコンサルタント連絡紹介求人というサービスもあるが、依頼をしてから登録内容のメールが届くまでにかなり時間がかかった。スピード感を持って転職に臨みたい人には使い勝手が悪いと感じた。
  • 電話で「未経験ですが、経理職のキャリアチェンジに挑戦したい」と伝えるが、「未経験からの経理職への転職は難しいので他の選択肢を持った方がいい」と言われてしまう。
総評
超大手の転職サイトなので、求人数は豊富です。
自分から未経験での異なる職種を探し出すチャンスが有ります。自分で探し出し面接まで辿り着いた企業は他の転職サイトでは掲載されていない企業でした。
ただ、自分一人で頑張らなければいけない部分が多く、他のエージェントサービスと組み合わせて使うことをオススメします。

リクルートエージェント  満足度4 ★★★★☆

f:id:keiryocup:20160127222618p:plain

 1ヶ月間利用し、書類提出43社、書類通過3社、内定1社。 

【リクルートエージェント】 は、担当者がとても親身に転職活動をサポートしてくださり、いい企業に転職して欲しいという強いマインドを感じました。

 

 
 良かった点
  • personal desktopという個別ページが振り分けられ、経理職未経験者向けの求人を多く見ることができ、転職に希望が持てた
  • 電話面談では、1時間15分も話しができた。
  • 電話面談後、ヒアリングしてもらった希望内容から、自動でtopページに希望に合った求人が表示される。 
  • 私の経歴をポジティブに捉えてくれた。
  • サイト内に、職務経歴書の見本・サンプルがたくさんあるため、参考になる。
  • 面接後には必ず担当者が連絡をしてくれ、手応えや状況について確認のための時間を作ってくださった。
悪かった点
  • 基本はシステムで求人情報を探し、それを提案していく方法のため、キャリアチェンジのための転職では不利だと捉えることもできるかも。
  • 就業時間が書いてない企業も多く、情報不足に感じる求人票が多かった。(11/17現在の情報です)労働時間の記載は一応あった。
  • エージェントと企業側で、根底の情報共有ができていない時があり、面接で担当者が言っていた条件とエージェント側は把握している条件に乖離があった場合もあった。 
総評
 全体的にエージェントが親切で、転職で役に立ったことも多く、登録しておいて間違い無いオススメの転職サイトです。リクルートエーエージェントは人に寄り添うサービスです!
 

 
 

ワークポート  満足度3 ★★★☆☆

 1ヶ月間利用、書類提出40社、書類通過2社、内定1社。

 ワークポート は、利用当初は、個人的に最も有用な転職支援サービスだと感じた。最終的に転職希望者が、納得してより良い企業に入って欲しいというマインドを持って活動していると非常に強く感じた。

 
良かった点と悪い点に分けれなかったので、一連の流れでご説明します。
  • 面談まではどのような求人があるかを見ることができない。
  • 面談後にならないと会員制サービスを利用ができるようになる。
  • 直接会うことで、こちらも事前に準備をしようという気概も持てる。
  • ワークポートでは、直接ワークポート本社に行って面談を受ける。好きな格好でお越しくださいと言われるが、本社ビルがかなり綺麗なのである程度身なりの整った服で行くのが無難。
  • 面談では、会社を辞めたい理由や転職したい理由を建前関係なしに話すことができる。自身の経歴をありのままに話すことができる。
  • 職務履歴書に関してのアドバイスを、その場で湯水のように出してくれる
  • 面接で言うべきこと言わない方がいいことを自身の経歴をありのままに話している間に指摘してくれる。
  • ワークポートは利益追求のために転職支援をしているわけではなく、最終的に転職希望者が、納得してより良い企業に入って欲しいというマインドを持って活動していると非常に強く感じた。
  • 担当者との面談の後、転職者に適していると思われる求人を30社程度その場で見せてくれる。そこで具体的にどのような企業に応募できる可能性があるのかがわかるので、これも転職へのモチベーションが上がった。
  • 私の場合は、面談の時に28社経理として応募することができた。
  • 応募資格に必ずしも満たない場合でも担当者が推薦文を書いてくれる。転職のために、エージェントと企業の人事が直接交渉をすることが強みだと言っていた。
  • 面談の翌日には推薦文を企業側に提出して貰え、精力的にプッシュをして貰える状態に漕ぎ着けてもらうことができた。
ワークポートの強み
未経験職種への転職はかなり難しい。そこで、担当エージェントが企業に推薦文を書いてくれる。企業の人事と直接交渉をしてくれるらしい。
そのため、自身の経験と募集要項が若干マッチングしていない場合でも思い切って応募でき、【応募条件】に5〜6割くらい該当していれば応募することができた。
私も紹介してもらった36社中28社書類を提出できた。 未経験で社会人経験も浅い私でもこの件数を応募することができたのは心強かった。

明らかに悪かった点
  • 他の転職サイトで同じ企業が出している求人票と比較したところ、明らかに求人情報が古い物がいくつかあった。
  • 応募しなかった企業で、面接がほぼ確約できると想定できる場合には面接を強く勧めてくる。
  • 言っていた時間に連絡が来ないといったことや、面接が確定した時に面接日が勝手に確定していて、希望での日程調整ができない時もあった。
総評
 エージェントは元気でフレッシュな印象を受け、実際に熱意も感じるので「転職がんばろう!」という気持ちにはなる。しかし捉えようによっては無理やり企業を紹介してきているのではと感じる部分もあり、転職会議での評判が非常に悪い企業を紹介してくることも。とりあえず内定は出ることを実感するためや、志望動機や職歴書を作るために登録してもいいかも。

 

ジャスネットキャリア 満足度4 ★★★★☆

f:id:keiryocup:20160127222914p:plain

 1ヶ月間利用し、 書類提出10社、書類通過2件、内定1社。
私が入社を決めた会社は、【ジャスネットキャリア】 で内定が出た会社です。
 

  • 会計・経理への転職に特化したサービス。
  • 面接前からどのような企業があるか検索ができる。実際に企業に応募する場合は登録面談に行く必要がある。
  • 登録面談の際に、10数件企業を紹介してくれる。
  • この転職サイトの良いところは、その場で応募するかどうか決めずに、家に帰ってから応募するか、考えてから連絡ができること。
  • 企業に応募してから、1次面接に進めるかどうかがわかるのに多少時間がかかる。
  • 転職をしたことがない人に関してのサポートが充実している。例えば、最初の企業面接の当日に、担当エージェントが時間を作ってくださり面接準備の最終確認をしてくれた。おかげで企業の志望動機に関しての見直しができ、うまくいった。
  • 担当エージェントからの連絡もかなり迅速で、仮に担当者が連絡できない時間帯は事前に教えてくれた。
  • エージェントと企業人事とのやりとりが密接に行われている会社だなと感じた。理由としては、面接をした企業担当者がエージェントのことをよく知っていて、企業と長期間関わりを持ち続けているということがわかる。
総評
会計・経理への転職に特化したサービスのため、未経験経理の求人も多い。特化サービスであるため、簿記の資格を持っていたりすることも必要な可能性も考えられるが、前例として簿記資格を持たずに内定を出ている人もいるとのこと。
 経理職になりたいと考えているのであれば絶対に登録をしたほうが良い。
 

公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】

まとめ

 今回は私が使ってみた転職サイトをご紹介しました。今回の内容は、私個人の見解、個人の感想です。第三者を攻撃するものではございません。また個々人の状況によっては、より良い転職支援サイトがあるかもしれません。個々人の感想と捉えて参考にしてください。
  
 転職に関しては、わからないことがあれば、エージェントさんに相談することが1番です。1人で悩まずに、1度登録をしてみることで自分の可能性が見えてくるかもしれません。
 もし、私に聞いてみたいことがあれば、下記からご連絡ください。