経倫悔-keirinbu-

社会人5年目の僕は22歳の僕に教えてあげたい。

朝起きるために寝る前にやっておいた方がいいこと。

f:id:keiryocup:20160303223807j:plain

 朝起きれない。どうしても起きれない。

 なるべく早く起きて、時間を有意義に使いたい。

 朝活したい!!!

  そんな人のために、翌日起きるために前日に準備しておくことができることをまとめました。

朝起きるために、寝る前にできる5つのこと

 では、具体的に寝る前にできることを5つご紹介します!

前日に「明日の朝、これをしよう」と具体的にやることを用意しておく

 朝早く起きたらこれがやりたい!といったことがあるから早起きしたいんだと思います。

 そのために、そのやりたいことを具体的に用意しておいてください!

  • 読みたい本を用意しておく
  • DVDを借りておく
  • ランニングウェアを準備しておく

 等々、なんでもいいんです!取り敢えず自分が楽しめるようなことを寝る前に用意しておきましょう!

 私は毎朝カフェに行くことが楽しみになっていて、カフェ通いを続けることで毎日何となく起きれるようになってきました。

 朝起きて会社に行く前にどこかに寄ることは心理的にも余裕が持てますし、オススメです!

朝起きたい時間の1時間前にエアコンが作動するようにする。

 冬は寒いから起きられないんだ!!!!

 起きたい時間の少し前にエアコンのタイマーをセットしておけば、割とすっきり起きられます。部屋が暖かければ、寒くて起きれない!!!!といったことにはなりません。

目覚ましのアラームを自分の好きな曲にする。

 これは結構効果があります。なるべく聞いていて気持ちが高ぶるような、楽しい気持ちになるような曲を選択するのがオススメです。

 アラームに設定した曲は、定期的に変更することで、アラーム音に対する慣れがなくなります。

  最近のアラーム音は星野源さんの「時よ」。アップテンポな曲はうるさくって起きれます。笑 

www.youtube.com

 

寝る前に「明日は絶対起きる」と何度かつぶやく。

 どこまで効果があるかわかりませんが、反強迫観念のような感じで何度も何度も

「明日は絶対起きる」

「明日は絶対起きる」

「明日は絶対起きる」

 呟きます。

 私も最初の方はこれを毎日やって、無理やり起きるような生活をしていました。笑

 

 こんなことをするよりは、上記のように楽しい気持ちで起きる方がいいと思うので、切羽詰まっている時だけ試してみてください。笑

 

どっちにしろ朝起きるときは眠い

 当たり前のことなんですけれど、これを寝る前に思い出すと、気持ち的に楽です。

 たとえ二度寝したところで結局起きるのは辛いですし、それなら目が覚めたときに起きて時間を有意義に使った方が良いじゃないか!と思えるようになったら勝ちです。 

まとめ

 眠る前に、いろいろと準備をしておけば、起きれるようになるかもしれません!

 睡眠は健康にダイレクトに影響を与えますので、朝起きる時間を早める分、少し寝る時間も早めるなどして、睡眠時間の調整もしてください!

 ぜひ有意義な朝活を!おやすみなさい!