経倫悔-keirinbu-

社会人5年目の僕は22歳の僕に教えてあげたい。

新卒半年で転職した私が面接で聞かれた質問集

f:id:keiryocup:20160115191041j:plain

  転職活動をしていた時に、実際に企業面接で聞かれた質問集です。私がどのように考え受け答えしたかも書いてみました。

【※暫定版です。思い出したら随時追加します。】

 

当時の私のスペック

  • 23歳
  • 新卒入社
  • 就業時期4~7月上旬
  • 休職時期7~9月
  • 9月くらいに会社退職
  • 11月中旬転職活動開始
  • 12月中旬転職先決定

下記からが実際に聞かれた質問です。自己紹介を含め、弊社の志望理由をを簡潔に説明してください。前職での経験、自己PR、志望動機を詰め込まなければいけません。2分以内で話せるように、事前に練習をしました 

 

経理を志望する理由に関する質問 5つ

未経験での志望だったため、1次面接では質問の時間の多くは経理に関するものでした。

未経験で経理職を志望する理由

経理の志望理由短期的な考えでなく、将来のキャリアプランも踏まえている姿勢を伝えることも大事です。

第2新卒枠での志望理由は、

  • 前職の経験から興味を持ったこと
  • 学生時代の経験

の2つのエピソードを使って話すことができます。

私は学生時代の経験が志望理由に関連していることを強調してお伝えしました。大学で勉強した内容から経理に興味を持っていたため、実務にチャレンジしたいとずっと考えていたとお話しました。

さらに前の職種を辞めてまで転職をすることで、どのような力を習得したいのかを具体的の3〜10年後のビジョンで表し、職種に対しての希望度の高さが伝わるように意識しました。

※志望動機については、他にも色々言えることがあります。今回は経理職への志望動機についてです。

 

営業ではなく経理になりたい理由

私は、営業職を3ヶ月ちょっと経験しただけで会社を辞めました。そのため、面接官に、「こいつ営業が嫌だから経理志望してるんじゃね?」「経理もどうせすぐ辞めるんじゃないの?」とか思われても仕方ないです、実際そんな風なことを仰る担当者様もいました。。。

私の場合は、営業職を3ヶ月ちょっとしか経験していないので、営業の経験で話せることなんてほぼありません。そのため、上記でもお伝えした通り、前の職種を辞めてまで転職をすることで、どのような力を習得したいのかというのを重視して話しました。

 営業が嫌だったから転職するというのは立派な動機ですが、

営業が嫌だったからだよ!と面接で言っても何も生み出されませんもんね。笑 

 

就職活動中の時は何故経理職を志望しなかったのか 

経理職?志望していましたよ???と面接官にはお伝えしていました。

実際は新卒採用の時には、経理職応募をほぼ見つけられなかったので、ほぼ受けてはいませんでした。

実際に公認会計士や税理士資格を持っているような人であれば経理で採用する企業は存在していたようでしたが、ただの4年生大学を卒業した人間にはあまりチャンスがないのです。

経理職を志望していたことを具体的に説明するために、ジョブローテーションで将来的に経理移動ができるかどうかを軸として就職活動をしていたと面接官に伝えていました。 新卒の就職活動時にも、経理に興味があってアクションをしていたことを話し、希望職種に対する熱意を伝えることを意識しました。    

知り合いにどれくらい経理職についている人はいるのか。 

実際の経理としての仕事のイメージができているのかどうかの確認だと推測されます。

私は実際に数名知り合いで働いている人間がいたので、仕事のイメージについてはインプットしていました。仕事のイメージにつていは説明できる方が無難でしょう。

大学では何を勉強したのか。何をしていたのか。

経理職の面接では、簿記等の資格を持っているか、学校で何を勉強したかを良く聞かれます。
未経験者の採用であっても、ある程度の知識を持つ人材の方が有利になるように感じました。
この質問は、希望職職の志望理由がどこから来ているのかこの人は仕事で役に立つのかどうか確認のためだと考えられます。そのため、うまくアピールできるポイントがあればお話するべきでしょう。
※ちなみに、私の場合は勉強のことばかり聞かれました。就職活動の時とは違いサークルのことを話すタイミングは全くありませんでした。
  

前会社への入社理由 

具体的には

  • どのような軸で前会社を選んだか。
  • OB訪問はしたかのか。事前に勤務体制ややり甲斐に関しては質問したか。
  • 入社するにあたり、離職率に関しては調べたか。

といったことを聞かれました。 

前の会社に入社するにあたり、考えた上で決断した結果なのかの確認だと考えられます。ここで、上手く受け答えができない場合は、退職,転職理由ともに自己の勝手な都合なのではないかと感じ取られてしまう可能性がありそうです。

この質問に関しては、まず考えた上で入社したことを強調します。そして、「思い描いていたイメージと違った。」という不満を持ったが、自分の責任だったと捉え反省をし、チャンスがあるうちに行動に移しました。といった感じに伝えていました。
 
私の場合の入社理由は、前職に入社するにあたり、何人OB訪問したか、調べた離職率はどの程度だったか、ジョブローテーションで将来的に経理移動の可能性も高かったからと伝えていました。そして早期での退職になったことは自分自身の不甲斐ない部分があったからだと伝えました。 

何故会社を辞めて転職をしているのか。

なぜこの質問をしたのかと採用者に直接聞いたところ、一般的に考えて仕事をしながら転職をするというイメージがあるからだと言っていました。

私の場合は、「1年も働いていないのに会社辞めちゃったの?」ということを不思議に思ったらしいです。この質問に関しては、準備しておいた退職理由を伝え、腰を据えて転職活動をしたかったためと伝えました。 

もう体調は大丈夫なの?『退職理由に体調面で問題があった場合』

最終面接手前くらいで絶対聞かれる質問です。
私の場合は、長時間労働で体がおかしくなっちゃたので休職しました。そのことを凄くネックに感じる企業は多かったです。うちの会社でも休みがちになってしまうのではないかと考えているようでした。
病院の先生に診断書を書いてもらって実際に大丈夫であると具体的にお話しても、すぐには信用してもらえないものです。のでもう大丈夫です!!!!のゴリ押ししかないような。
でも、ちゃんとハキハキと元気よく受け答えできていれば、面接官も安心してくれるはずです。
 

いつから来れる?

プロジェクトが進行中で、人員が足りていない企業では来週にでも一緒に働いて欲しいと言われる場合もありました。
こんな質問には、御社で働きたいという熱意を伝えましょう。
私はすでに退職していたため、基本的にはすぐにでも働ける状態である旨お伝えし、やる気に満ち満ちている様を表現しました。
ただこのような企業はスピード感じを求めてきますので、他の会社に就業中だと採用見送りになる可能性もあるのかなと考えています。 
 

最後に

他にも聞かれ質問があったような気もしますが、重要そうなのは書き出せたと思います。 
全く予想だにしない質問もありましたが、自分の場合は事前にどのような質問が来るか予測して考えておきました。
早く会社辞めちゃったから転職できないわけありません。若ければまだまだチャンスはありますし、しっかり考えておけば大丈夫です。
 
前に書いた面接に関しての記事から色々と引用しました。

 

 

 転職サイトは下記を参考にしてください!

www.keirinbu.com