経倫悔-keirinbu-

社会人5年目の僕は22歳の僕に教えてあげたい。

キャバクラに行く理由がよく分からない23歳

今日はキャバクラに連行された23歳。
お酒を飲んでいる状態で、スマホからの投稿。
定時で上がって、だいたい5時間くらい飲んでいたことになります。

おっさんは話を聞いてもらえる、という状況の方が日常で特殊だから、楽しくてこんな高い金も払うんだろうなと思うと悲しくなる

キャバクラに行くといったような「接待」も、社内での関係を円滑にするということを考えれば、必要なことなんでしょう。
ただ毎週毎週行っているようなら、お金も時間も無駄だなぁと考えしまいます。
これはゆとりなのか、意識が高い系なのか。
5時間あれば、本が1冊読めますし、勉強もできるなと思ってしまいます。

長く同じ会社で働く上では、飲みに行くことの方が大事で、『会社での人間関係 』を構築が重要なのでしょう。

前の会社は意味も無く残業させられたり早朝出社とかしてて、それはそれで社畜精神の成長として弊害がありました。
人間関係構築のために、無駄に飲みに行くことも、弊害として捉えてしまって
「ああ、どこに行っても不満は絶えない。」と感じ
自分は社会不適合者だと思いつつも、仕事をしなければ生きていけないから、なかなか断れもしない。

『 どんなことも胸が裂けるほど苦しい
 』
そんな状況ですが
『 声を上げて、飛び上がるほど嬉しい 』
ことが今後待っていると考えて、長い目で考えて社会勉強期間だと思えれば気持ちが楽かなと思います

Stranger

Stranger