経理ん部

23歳経理マンの雑記。

第二新卒で経理職に転職した理由は何だったか考えてみた

第二新卒として2月から経理として働く予定。

働き出す前に、経理職をなんで志望したのかを振り返って見ます。 

 

最初に経理になりたいと思った動機

一応新卒採用活動の時にも経理職を希望していました。理由は、大学で簿記の勉強をしていためです。 

あとは営業をやりたくないからです。笑

 振り返ってみると、最初は特別な理由がありませんでした。笑 

今回の転職で経理になった理由

私は転職で経理を選んだ理由は、将来食いっぱぐれたくないからです。

経理は実務経験がかなり重要視される職業です。営業,製造部門などの各部門が働いた成果を、数字として扱う経験ができる職種です。会社の事務処理、会社内外のお金の動きについて実務を通して学ぶことができます。仮にまた転職をしても、ある程度会社のお金関連の手続きについて知っていれば、働き口に困ることはないでしょう。

長く経験を積めば、会社の意思決定に役立つような決算書の資料作りとかにも携えることができ、数字を扱うプロにもなれる可能性があるとも考えました。 

 

意識高い感じで言うと、会社がどんな状態にあるのか把握する重要なポジションだからやり甲斐がある(キリッ
私が作成した貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)が会社の意思決定に役立つ(キリッ
経理は、会社経営の根幹を支えるそんな重要なんです!

となりますかね。笑 アホっぽい笑

最初は雑務祭りだと予想されます。領収書の処理だったりファイル整理だったり地味なこと続き。意識高すぎる人は凄いギャップを感じてしまうかもしれません。

でも長い目で考えれば、今後行きたい会社等ができた時に経理として潜り込める可能性もありますし、資格を取って専門性を極めるという道もあり、可能性もある仕事かなと考えています。

 

最近新しく記事を更新致しましたので、下記を参照ください。

www.keirinbu.com