経倫悔-keirinbu-

社会人5年目の僕は22歳の僕に教えてあげたい。

12月に面接したB社 1次面接

 建設業界の経理職での面接でした。
 
 総務部部長、担当部門長の方が面接の予定でしたが、年末進行で忙しいためか、急遽変更になり、担当部門長クラスの方2人との面接になりました。
  
 面接中は経理部部長様は黙っている時は凄い形相。ただ、お話ししてくださる際には、お2人ともにこやかで、こちらの質問も快く答えて下さり、悪い印象は受けませんでした。
 
 
下記が今回受けた質問です。 
・自己紹介を含め、何故弊社を希望したのかを簡単に説明してください。
・何故会社を辞めて転職をしているのか。
 (一般的に考えて仕事をしながら転職をするというイメージがあるとのこと。) 
・就職活動中の時は何故経理職を志望しなかったのか。 
・大学では何を勉強したのか。 
・知り合いにどれくらい経理職についている人はいるのか。new 
・学科の知り合いには会計士を目指す人が多かったか。new 
・前会社は単体での従業員数は何人か。new 
・前会社全体が、長時間の業務体制だったのか。new
 
『転職理由』『学生期間中のことについて』の質問から
企業側が、転職理由に一貫性があるかどうか、ということを重要視しているのではと感じました。
 
 
 学生期間中のことについて。かなり深堀されて聞かれました。上記で記載した質問に関しては、事前に答えを用意していなかった、ぶっちゃけ聞かれないと思っていました。
 
 私のように、『1社目をすぐに辞めていて』『未経験で経理を志望している』ような人材にはこの質問をすることでなぜこの職種なのか、異業種の転職関しての一貫性があるかどうかの確認、ただ単に営業が嫌で経理を志望しているのではないかという確認だったのではないかと考えています。
 
 私の場合、学生時代に簿記関連の授業を多く取っていたため、学生時代勉強していた内容から経理職に興味があったことをお伝えができました。
 
 学生時代から実際に資格を取っていたり、講義を受けていたという事実をお伝えできない場合は、前もって経理への志望動機は作ってかないと厳しいだろうなと改めて感じました。
 
 
 今回の面接では「あなたの強みはなんですか」「志望動機はなんですか」といった転職サイトが想定している質問はほぼありませんでした。
 そのため、質問内容に自身の強みや志望動機を付け足すことでアピールしました。
 
質問した内容 
・未経験者に求められる能力。
 どのようなチーム体制で活動され、まず何から取り組むのか。
 
・未経験者はどの程度の期間を踏まえて、戦力として活躍できるか 
 
・社員さんの業界理解への取り組みについて。
 
 
 会社や業界について積極的に理解しようという姿勢と、未経験ではあるものの、やる気は負けないといった気持ちを、質問に絡めて伝えることができるように工夫しました。
 
 質問の時間は合計で20分ほどでした。 
その場で片方の担当者の方には次も面接に来て欲しいと言われ、その日のうちに次回先行の案内が来ました。
 
その時は志望度が高かったため、とりあえず早急に2次面接に行くことにしました。
 
2次面接に関して、続きの記事です。